ミドリムシ プリン体

ミドリムシを食べるとプリン体が吸収されないって本当?

優れた健康機能性があると話題のミドリムシは、テレビや新聞など、様々な方面に取り上げられていますね。
それはミドリムシ特有の成分である「パラミロン」の働きと大きく関係しています。
パラミロンは他の動植物には存在せず、この地球上でミドリムシにしかない特殊成分です。

 

食物繊維の一種であるパラミロンには中性脂肪やコレステロールなどの有害物質を吸着して体外に排出させるデトックス効果があります。
パラミロンの表面に開いている小さな穴が様々な有害物質を取り込み、そのまま体外に排出させてしまうからです。

 

そのため、メタポリックシンドロームや大腸がんなど様々な生活習慣病を予防するとして期待されています。
またパラミロンは、プリン体を摂取した時の吸収も抑制するそうで、すでに「パラミロンのプリン体吸収抑制剤及び血中尿酸値低減剤」という特許を取得しています。

 

プリン体というのはレバーやイワシの干物など、様々な食品に含まれています。
尿酸の元となる物質ですが、プリン体を多く含む食物を摂取すると痛風の原因になると言われています。

 

そのため痛風の予防には、プリン体の排出と尿酸値を上げない事が大切です。
ミドリムシに含まれるパラミロンがプリン体を排出させる働きがあることから、ミドリムシは痛風の予防にも効果的であると期待されています。

 

痛風といえば激しい関節痛が有名ですよね。
現在日本では食生活の欧米化に伴い、痛風予備軍が年々増加しています。
その名前の由来は「風がふいても痛い」というところから来ています。
ミドリムシは痛風の原因物質であるプリン体を取り除いてくれるので、お酒を飲む機会の多い働き世代の男性にとって強い味方ではないでしょうか。

 

このように体の中の有害物質を排出して、体に必要な59種類もの栄養素を効率よく摂取できるミドリムシは、優れた健康食品として注目を浴びています。
しかもその吸収率は93%以上ですから、余すことなく体内に取り込めます。
今後、もっともっと人気が高まるでしょうね。

 

 

ミドリムシユーグレナサプリメント通販人気おすすめランキング最新版はここから